福岡 フットサルコート Brasil Futsal Park Shingu【ブラジルフットサルパーク新宮】のホームページです。

Hot! ☆コンフェデ杯の日本について思うこと☆

こんばんは☆ブラジルフットサルパークの三船です!

日本代表のコンフェデレーションカップは終わりました。

結果的に3戦全敗での帰国となりましたが、ブラジル・イタリア・メキシコは

どこも強豪国ですので当然の結果だとは思います。1年後のワールドカップ

に向けての課題が明らかになったのかどうか、この1年で何をやって

本番で結果をだせるか、が大事だと思います。メディアではいろんなことが

言われています。「個の強化」「組織のレベルアップ」「監督解任の議論」

代表チームのことについて、いろんな議論が出て、批判が出ることはとても

いいことだと思います。

私の意見を言うとすれば、

・代表チームに「個の強化」なんて有り得ない。日本全国民の戦力を使って

結果を求めることが代表チームの立ち位置。

監督が選ぶ選手で、戦術を組み、より勝ちパターンを熟成させるか

だと思います。ただ、代表チームには時間がありません。招集して一緒にトレーニング

する時間は限られてるので1年足らずで戦術的に完成させていくのは厳しい作業に

なると思います。

ただ変えていけることはあると思います。「メンタリティ」を変えていくこと。

今回、3試合を見て日本選手のメンタリティの弱さを感じました。

各国の選手たちは、自分を世界に向けて

アピールするためにプレーしています。代表チームでポジションを約束されるなんて

ことはごく稀です。みんなチーム内でスタメン争いをしています。今回ブラジル代表の

ベンチにいる選手たちはどうでしょう?セレソンの一員なのですが、試合に出ないと

誰からも評価されません。オファーも来ません。彼らは試合に出たときは活躍します。

それは準備が出来ているからです。日本の選手たちにもそういった「個をアピール」

するメンタリティが必要だと思います。本田・香川・長友・遠藤など定位置を約束された

ような風潮がよくない。若い選手、Jリーグで結果を出してる選手をどんどん起用して

チャンスを与えていく監督が必要です。代表で活躍してビッククラブへアピールする

気持ちが必要でしょう。「意味のないゴール」なんて言ってる場合じゃないんです。

 

昨日、再放送でやってた「FOOT×BRAIN」

 

大会前の放送分だと思いますが、元選手の解説者たちが自分の意見を

ぶつけ合ってました。それこそ番組内、メディア内での自分のポジション争い

をしてました・・こっちの方が必死の戦いのような・・・

でもプロとはそういうことだと思います。必死に自分をアピールして

這い上がっていく。そういう環境が日本サッカーに求められてると思います。

ザッケローニ、この一年でいろんな選手を呼んでほしい!!

 

 

 


ご利用予約はこちら お問い合わせはこちら